ネイルスカルプチャーで作った爪

ネイルスカルプチャーで作った爪

ネイルスカルプチャーにはおおまかには2種類あります

スポンサードリンク

ですから手の小さい人、指の細い人、爪の形が独特の人、そういった方の場合は、自分の爪に合わせて自由にフォームを作れるネイルスカルプチャーのほうが圧倒的に有利です。

ネイルスカルプチャーとはアクリルやジェルと言った成型可能なケミカル素材で、自分の爪の上に直接付け爪を作り出すことを言います。ネイルスカルプ、ときには単にスカルプ、と省略したりもしますね。
おおまかにはアクリル重合によって硬くて長いつめが作れるアクリルスカルプチャーと、ジェルを塗ってから紫外線で固めるジェルスカルプチャー、このようにネイルスカルプチャーを分類することができます。カルジェルというのは新素材のジェルネイルスカルプチャーのことです。
ネイルスカルプチャーが最近開発された付け爪であるのに対し、ネイルチップはかなり前から使われています。両面テープで貼るので扱いやすい利点はあります。
ネイルスカルプチャーの利点はでも、ネイルチップでは作り出せない自然で美しいフォームです。
ネイルチップは利点もありますね、なんといってもプラスチック製で安いしいろんなバリエーションをそろえることができます。着脱も容易ですが、簡単に取れてしまうし、爪の形が個性的な人には向いていません。ネイルスカルプチャーの方が断然お勧めです。
ですから手の小さい人、指の細い人、爪の形が独特の人、そういった方の場合は、自分の爪に合わせて自由にフォームを作れるネイルスカルプチャーのほうが圧倒的に有利です。
ネイルスカルプチャーはネイルチップなどのさまざまなネイルアートの中ではもっとも高価な方ですし、着けるのに時間が掛かります。 ネイルスカルプチャーを剥がすには、やすりで削っていくかアセトンなどで溶かすしかないため、頻繁に着け外しをすると自分の爪を傷めることがあります。
ネイルスカルプチャーを安く上げようとすれば、自宅用のネイルスカルプチャーキットを買って自分でせっせとネイルスカルプチャー作るのもありです。慣れるまでは無理だと思いますけど、慣れれば楽しいかもしれません。不器用な人にはお勧めしませんけど。
ネイルスカルプチャーのケアの問題ですが、ネイルスカルプチャーを作って2週間もすると自分の爪がかなり伸びてきて、段差が目立つので、ネイルスカルプチャーはまめなリペアーが必要です。さぼっているとカビが生えたりします。また、とるには溶かすしかありませんので地爪へのダメージもあります。
ネイルスカルプチャーの中では、ジェルネイルは爪に張ったフォームの上にジェルを塗り、これをUVで固めるものです。紫外線(UV)を当てるまでは硬くならないので、ゆっくりスカルプを作ることができます。逆にネイリストの腕が、うまい下手がはっきり出るネイルスカルプチャーですけど。
アクリルネイルスカルプチャーはネイルスカルプチャーの主流で、最近はどこのネイルサロンに行っても「ネイルスカルプチャー」といえばこれのことなのがアクリルネイルです。硬くてじょうぶで、長い爪も作りやすいです。
ネイルスカルプチャーはあなたの使用状況をよく考えて、ジェルかアクリルか選んでくださいね。最近はカルジェルがカビの生えにくいジェルタイプとして人気です。どれを選ぶにしても、ネイルチップよりはお金もかかりますし、お手入れの手間はかかりますから、よく考えてあなたのネイルスカルプチャーを選んでください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51831138

この記事へのトラックバック
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。